企業情報

大和鋼業の企業情報をご紹介します。

  1. 大和鋼業トップ
  2. 企業情報
  3. 沿革

沿革

1925年に創業してからの歩みについてご紹介しております。

沿革

1920~30年代


大和鋼業の歴史は、1925年に遡ります。第一次世界大戦や関東大震災といった歴史のうねりのなか、「切板の元祖」とも言われる店で奉公を積んだ津井田清一郎が、自らの手で事業を行いたいと一念発起。25歳という若さで「津井田鉄店」を開業したのです。

1927年に起きた金融恐慌が世界大恐慌となり、日本に波及した1930年には、想像を絶する鉄鋼不況に。翌1931年の満州事変による軍需景気が起こるまでは、我慢の経営が続いたと言われています。


この時期の主な出来事


1925年(大正14年)・津井田鉄店開業

創業時の津井田鉄店

創業間もない頃の、創業者・津井田清一郎

1927年、津井田清一郎結婚


1940~50年代


戦争が激化するなかで鉄が国に統制されるようになり、思うように事業が行えない時期が続くものの、満を持して1947年に大和鋼業株式会社を設立しました。

そして鉄の統制が解除された1951年、自社工場を建設。鋼板の剪断加工を行うシャーリング業に進出しました。

この時期の主な出来事

1947年(昭和22年)・大和鋼業株式会社設立
1951年(昭和26年)・境川2丁目に自社工場を建設

1951年、自社工場の上棟式

当時としては最新鋭のシャーリング機械。厚さ25mm、長さ2,400mmまで切断できた


1960~70年代


1961年には地下鉄工事の影響で工場を立ち退くことになったのを機に、新工場を建設。その後、1968年には松原市三宅中に溶断専用工場を、そして1974年にはその隣に第二工場を増設。鋼板溶断を中心として、事業規模の拡大を果たしました。

1978年には現在地に本社を移転。翌1979年に数値制御ができるNC溶断機を導入し、より精密な加工が行えるようになりました。

この時期の主な出来事

1961年(昭和36年)・地下鉄4号線工事のための工場立ち退きに伴い、新工場を建設
1968年(昭和43年)・熔断専用工場を新設(松原市三宅中)
・住友金属工業より指定厚板シャーリング工場として認定(住友3S会メンバーとなる)
1974年(昭和49年)・溶断専用工場の隣接地に第二工場を増設
1977年(昭和52年)・津井田恒夫が代表取締役就任
1978年(昭和53年)・現在地(松原市三宅中)へ本社移転
1979年(昭和54年)・NC熔断機導入

1961年、新工場の竣工パーティー

1968年、熔断専用工場を松原市三宅中に新設

1979年、精密な加工を実現するNC溶断機を導入


1980~90年代


1980年にCADシステム、1994年にはレーザー加工機、そして1997年にはコンピュータを活用した生産管理システムを導入。
現在の大和鋼業の特長である、精細な切断・加工をスピーディーに行うことのできる体制が整いました。

この時期の主な出来事

1980年(昭和55年)・CADシステム導入
1994年(平成6年)・レーザー加工機導入
1997年(平成9年)・津井田新一が代表取締役就任
・コンピュータによる生産管理システム導入
1998年(平成10年)・大阪工機株式会社を吸収、傘下へ
・製罐加工事業開始へ
1999年(平成11年)・大阪工機株式会社を松原本社工場隣接地へ移転

1980年、CADシステム導入

1985年頃の工場の様子

1997年、生産管理システムを導入


2000年代


2000年代に入ると、総合鋼板加工業務を開始。ガス溶断やレーザー切断といった切板加工のほか、それまでにも取り組んできた開先や製罐の強化、そして曲げや溶接、塗装など2次加工のサービスラインアップを充実させることで、お客様の多様なニーズに対応できるようになりました。

この時期の主な出来事

2002年(平成14年)・美原ガス溶断工場増設
2004年(平成16年)・大阪工機株式会社を合併
・富田林工場増設
・総合鋼板加工業務開始
2006年(平成18年)・南港工場増設
2007年(平成19年)・津井田照久が代表取締役就任
・基幹システム「D CO-STAR」導入
2009年(平成21年)・美原ガス設備を南港工場に集約
・ISO9001認証取得(認証番号JQA-QMA14009)

2004年、富田林工場増設

富田林工場での作業風景

2006年、南港工場増設


2010年代


2010年代に入っても大和鋼業のサービスは進化を続けています。2011年に富田林第二工場、2012年に咲洲工場を増設し、「より多く」「より複雑な」加工にも対応可能に。これからも新たなチャレンジを続け、お客様から寄せられている「鋼板加工のことなら、大和鋼業へ」というご期待にお応えしていきます。

この時期の主な出来事

2011年(平成23年)・ISO14001認証取得(認証番号JQA-EM6655)
・富田林第二工場増設
2012年(平成24年)・咲洲工場増設

2012年、咲洲工場増設

咲洲工場内観


お電話での資料請求・お問い合わせ

072-332-0515 受付時間 : 月~金曜日、9:00~17:30

インターネットでの
資料請求・お問い合わせ

入力
60秒!

資料請求・お問い合わせ

ページトップへ